空気潤滑

空気潤滑システムでCO2削減

空気潤滑システムは船底に空気を送り込み、船底と海水の間に空気層を形成することで摩擦抵抗を低減させる技術です。これまで日本郵船グループでは、モジュール船、石炭船、自動車運搬船へ空気潤滑システムを搭載しており、モジュール船及び石炭船については試運転及び実航海にてCO2削減効果が確認され、自動車運搬船については試運転にてCO2削減効果が確認され、実航海での効果を検証中です。

当社では、空気潤滑システムを搭載した船舶の実航海での長期効果解析を実施し、最適運用方法の確立を目指しています。また、実用化に成功した空気潤滑システムの実船適用拡大を目的とした、既存船への装着技術の開発、さらなるCO2削減効果向上に向けての研究開発も実施しています。


 

本サービス・製品に関するお問い合わせ

お問い合わせは、こちらのメールフォームからご連絡下さい。