NYKスーパーエコシップ

NYKスーパーエコシップ2050

CO2の排出を100%削減する未来のコンセプトシップ

日本郵船グループの中長期環境目標の達成、また脱炭素化の実現に向けて
2009年に発表した未来のコンセプトシップ「NYKスーパーエコシップ2030」の各要素技術を見直しました。
船体改造、軽量化、高効率化やデジタライゼーションの活用を通じてCO2
排出量を100%削減するゼロエミッションの新コンセプトシップを日本郵船、エロマティック社と共同で考案しました。

NYKスーパーエコシップ2050 紹介映像

「NYKスーパーエコシップ2050」PDFダウンロード

2018年11月14日付プレスリリース:脱炭素化への挑戦 -「NYK スーパーエコシップ2050」発表

NYKスーパーエコシップ2030

未来はつかみとるもの。

船はもっとも環境に優しい輸送ツールです。しかし、世界経済の発展による国際貿易の拡大に伴い、世界の船の数も増えることで船から排出されるCO2の増加が懸念されています。2009年に発表したNYKスーパーエコシップ2030は、当時最大級であった8000個積み型コンテナ船をベースとし、新技術を駆使した近未来の超省エネコンテナ船としてコンセプト設計を行ったもので、在来船型比較で69%のCO2排出削減を可能とするものです。

NYKスーパーエコシップ2030 紹介映像

「NYKスーパーエコシップ2030」PDFダウンロード

咸臨 2010年7月10日


 

本サービス・製品に関するお問い合わせ

お問い合わせは、こちらのメールフォームからご連絡下さい。