カーゴ・ホールド・メンテナンスツール

ハンディバルカー船倉内作業用ツールは、以下2種類あります。

  • 「メンテさん」
  • 「楽々ラダーのぼる君」

1. メンテさん

ばら積み貨物船の船倉内の外板や構造部材の状態を安全に点検するための設備です。海上人命安全条約(以下、SOLAS)で要求される固定点検設備(PMA)に代わる可搬点検設備として日本海事協会から「適合証明書(STATEMENT)」を取得しており、汎用品の梯子と足場部材の組み合わせを起用したことで、組立て・設置が容易になりました。また、ハンディーサイズからケープサイズまで大きさに関係なくばら積み貨物船の船倉内の左右両舷側にも対応しています。設置作業や点検作業等を行う作業員の安全性を十分に確保しながら各種作業がスムーズに行うことができ、ばら積み貨物船の船倉内点検等の必要に応じて設置・解体が可能な可搬点検設備です。
(各種実用新案・意匠登録済)

梯子や足場部材等出来るだけ多くの汎用部品を採用することで、コストの低廉化を図るとともに、部材欠損時の代替品供給を容易にしました。設置する足場の段数が増えても、同じ手順を繰り返せば組立てが可能で、部材点数を少なくするとともに、作業の簡素化を実現しました。部材を組み替えることで、様々な用途での使用が可能になりました。

2. 楽々ラダーのぼる君

ハンディバルカー(約2万3千~5万重量トンのバラ積み貨物船)の船倉内作業用として開発された移動式はしごです。
従来、船倉内で貨物搭載前に清掃状況を確認するためには、あらかじめ固定はしごを設置しておく方法、足場を組み立てる方法、高所作業車をクレーンで船倉内に降ろして確認する方法等が用いられていましたが、いずれも多くの時間、作業人数、費用を必要としました。

「楽々ラダーのぼる君」は、清掃状況の確認を安全かつ容易にする為に開発され、車輪を備えた足場にはしごを組み合わせた構造になっており、より効率的に作業を行うことが可能です。
(各種実用新案・意匠登録済)


 

本サービス・製品に関するお問い合わせ

お問い合わせは、こちらのメールフォームからご連絡ください。