居眠り防止

疲労・居眠りによる事故を防止

現場作業者及び作業環境のそれぞれに内在する疲労・居眠り要因に対し、効果的な対策方法(予防、検知、覚醒、防止等)を適用することで、居眠りによる事故発生数の低減が可能になります。

近年、画像認識や各種生体情報取得などにより、対象者の疲労度合いや居眠りの予兆を把握する技術開発や製品開発が進んできています。
当社では、このような居眠り防止技術や製品の現場適用に関する調査・研究を行っています。


 
 
 

本サービス・製品に関するお問い合わせ

お問い合わせは、こちらのメールフォームからご連絡下さい。