運航最適化

データ解析による運航最適化

SIMSで計測したデータを分析することで、航海毎の燃料消費量の要因が明らかとなり、船舶運航を改善することができます。例えば、同じ船であっても航海毎の燃料消費量は以下のような要因によって変化します。

  • 遭遇した海気象、潮流の影響
  • 気象予想精度の影響、ルート選択の差
  • 船速配分の差
  • 船速や距離の差
  • 排水量の差
  • トリム影響
  • 船体やプロペラの汚損状態の違い

当社は、これらの各要因が燃料の増加や、船速の低下に与えた影響を定量的に分析する手法を開発し、分析結果をレポートとして提供することで、船舶運航の改善活動を支援してきました。今後も運航最適化を目指して、分析手法の高度化や、分析レポート自動化に取り組んでいきます。


 
 

本サービス・製品に関するお問い合わせ

お問い合わせは、こちらのメールフォームからご連絡下さい。