SIMS

船舶ビッグデータ活用の基盤システム

SIMS(Ship Information Management System)は船上の様々なデータを船陸でモニタリングし、最適運航に活用するためのシステムです。SIMSは、船上のデータを計測・表示・送信するための船側システムと、陸上で船上データを閲覧・分析するための陸側システムの2つのシステムで構成されています。

船側システムは、航海計器やデータロガーと接続されており、燃費、スピード、エンジンに関するデータ等、多様なデータを毎秒~毎分といった頻度で計測しています。計測されたデータは、システムにより統計処理・圧縮が施された上で、陸上のデータセンターに定期的に送信されます。また、船向けのビューワーにより、本船乗組員に、省エネ・安全運航をサポートするための情報が提供されています。

一方、陸側では、船の運航担当者や管理者が、陸上用ビューワーにより運航状況をタイムリーに把握することができるようになっています。また、航海解析レポートシステムにより、運航における問題点や改善すべき点を定量的に把握することができるようになっています。

また、船側システムはオープンプラットフォームであり、ウェザールーティングをはじめとした他社のアプリケーションとデータ共有、連携を行うことで、データの有効活用を図っています。

当社は、船舶ビッグデータ活用の基盤システムとして、SIMSの開発を継続していきます。


 
 
 

本サービス・製品に関するお問い合わせ

お問い合わせは、こちらのメールフォームからご連絡ください。