日立環境財団・日刊工業新聞社共催の「環境賞」で優秀賞を受賞

世界初「空気潤滑システム」は「地球規模の環境保全に期待」

日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤泰三)と日本郵船グループの株式会社MTI(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永豊)は、船舶の省エネ技術の1つとして、空気を船底に送り込み、泡を発生させることによって船舶と海水の摩擦抵抗を低減させる空気潤滑システムの開発・運用が評価され、「この技術のさらなる進歩と普及によって地球規模の環境保全が期待できる」として、公益財団法人 日立環境財団と株式会社 日刊工業新聞社が共催する平成25年度(第40回)「環境賞」で優秀賞を受賞しました。表彰式は6月12日に経団連会館で行われ、日本郵船代表取締役専務 田澤直哉およびMTI社長、安永豊が出席しました。

同表彰は、1974年(昭和49年)に環境庁(当時)の後援により開始されました。日本の環境保全活動の発展を図り、持続可能な社会の構築に資することを目的に、環境保全に関する調査、研究、開発、実践活動で画期的な成果を上げた、または成果が期待される個人、法人、グループを表彰するものです。

世界で初めて恒久的運用に成功したブロア(送風機)式空気潤滑システムは、2010年に当社グループ会社が運航するモジュール船2隻に搭載され、2年間の実証実験の結果、平均約6%の二酸化炭素(CO2)削減効果が確認されました。2012年には、より喫水の深い大型船舶への搭載に適している世界初の掃気式空気潤滑システムを当社運航の石炭運搬船に搭載し、貨物の積載量に応じて約4~8%のCO2削減効果が海上試運転で確認されています。

空気潤滑システムは、今回の受賞のほかにも、平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰の受賞や、世界的に権威あるシートレードアワード2013(注)の「クリーンシッピング部門」でファイナリストに残るなど、国内外から高い評価を受けています。

当社グループは、今後も空気潤滑システムの展開を積極的に進め、地球温暖化防止に貢献していきます。


(注)シートレードアワード(Seatrade Awards) ロンドンに本部を置く海事メディアSeatrade Communications Ltd.が主催し、海運業界において安全、環境、人材育成などそれぞれの分野で優れた成果を上げた企業、団体、個人を表彰する式典。


MTI関連リンク

MTI「ニュース&トピックス|『Monohakobi Techno Forum 2012』開催」
講演5 「日本郵船グループの空気潤滑法への取組み -モジュール船からバルカー、そして未来へ-」

MTI「研究成果| 2011年度プロジェクト一覧」
・空気潤滑法を用いた馬力低減 – モジュール船実船適用及び計測(2011年度)
・空気潤滑法による外航船舶の省エネ技術の研究開発への参画(2011年度)

・空気潤滑法の石炭運搬船への実船適用検討(2011年度)


問い合わせ先

日本郵船株式会社 広報グループ TEL: 03-3284-5195

株式会社MTI 広報 TEL: 03-5222-7727