”SOYO(双洋)” がシップ・オブ・ザ・イヤー2012を受賞

日本郵船所有の石炭船“SOYO(双洋)”が、公益社団法人 日本船舶海洋工学会が選ぶ「シップ・オブ・ザ・イヤー2012」を受賞しました。㈱MTIは、この研究開発および実証実験を担当いたしております。7月25日に行われた表彰式には、日本郵船から技術グループ グループ長 洲之内満彦、MTIから取締役社長 五十嵐誠らが出席し、表彰状を授与されました。

今回の受賞は、“SOYO”の主機掃気バイパスを利用した空気潤滑システムを世界で初めて実船に搭載し、二酸化炭素(CO2)削減効果を実証した取り組みが高く評価されました。主機掃気バイパスによる空気潤滑システムとは、主機の過給機から掃気(燃焼用空気)の一部を抜き出して船底に導き、船体と海水の摩擦抵抗を低減させてCO2削減効果を得るもので、喫水の深い大型船舶でもCO2削減効果が得られるシステムとして、今後多くの船舶への適用拡大が期待されています。

シップ・オブ・ザ・イヤーは、1990年から毎年日本で建造された話題の船舶の中から、技術的・芸術的・社会的に優れた船が選考され与えられるもので、今回で23回目を迎えました。日本郵船グループは、1990年の客船「クリスタル・ハーモニー」(現在の「飛鳥Ⅱ」)に続き、2度目の「シップ・オブ・ザ・イヤー」の受賞となります。また、最近では2010年に日本郵船グループの日之出郵船株式会社所有のモジュール船“YAMATAI/YAMATO”がシップ・オブ・ザ・イヤー2010の特殊船部門の部門賞を受賞しています。

日本郵船グループは、空気潤滑システムの展開を積極的に行っており、“SOYO”に先立って世界で初めて恒久的運用に成功したブロア(送風機)式空気潤滑システムを2010年に日之出郵船所有のモジュール船2隻に搭載、また今後は新たに建造する自動車専用船への搭載も予定しています。

~日本郵船株式会社 ニュースリリースより抜粋~


MTI関連リンク

MTI「研究成果 | 2012年度プロジェクト一覧」
MTI「ニュース&トピックス |『Monohakobi Techno Forum 2012』開催」


本件のMTI問い合わせ先

株式会社MTI 船舶海洋グループ

TEL: 03-5222-7650
E-MAIL: info@monohakobi.com