講演・論文(2018年度)

2018年度に発表された講演・論文の一覧です。

論文「有人自律操船のための行動計画システム(APS)の概念提案」

日本マリンエンジニアリング学会誌 第54巻 第 2 号(2019)

著者:沓名 弘二、安藤 英幸、中島 拓也(MTI)、桑原 悟、中村 紳也(日本海洋科学)

PDFダウンロード

論文「船舶データ収集プラットフォーム SIMS とデータ活用の取り組み」

日本マリンエンジニアリング学会誌 第54巻 第 2 号(2019)

著者:柴田 隼吾、三村 雄一、安藤 英幸

PDFダウンロード

論文「実船データによるPCC の横揺推定法の検証」

海上技術安全研究所報告 第 18 巻 第 3 号 (平成 30 年度) 研究報告

著者:黒田麻利子、辻本 勝、櫻田 顕子、枌原 直人(海上技術安全研究所)、肥後崎 愛(MTI)

PDFダウンロード

論文「自動運航船の経済性評価と行動計画システム(APS)の概念提案」

平成30年秋季 日本船舶海洋工学会講演会論文集 第27 号(平成30年11月26, 27日 秋季講演会において講演)

著者:沓名 弘二、安藤 英幸、中島 拓也(MTI)、桑原 悟、中村 紳也(日本海洋科学)

PDFダウンロード

「International Conference on Maritime Autonomous Surface Ship (ICMASS 2018)」 釜山 韓国 講演

安藤 英幸、沓名 弘二
  • 「Activity in Japan: Smart Ship Application Platform (SSAP) Project and Realization of Ship-Shore Open Platform Concept」安藤 英幸
    PDFダウンロード

     

  • 「Feasibility Study of Automated Process of Ship Navigation and a Framework of Action Planning System (APS)」沓名 弘二
    PDFダウンロード

論文 "メンブレンタンクのスロッシングとスワーリングに関する実験と数値計算"

日本船舶海洋工学会論文集 27号

著者:吉田智美、荒井誠、Gustavo M Karuka、秋山由佳(横浜国立大学)、安藤英幸(MTI)

PDFダウンロード

論文 "Experimental and numerical study of sloshing and swirling behaviors in partially loaded membrane LNG tanks"

International Marine Design Conference IMDC 2018, ヘルシンキ フィンランド

著者:荒井誠、吉田智美(横浜国立大学)、安藤英幸(MTI)

PDFダウンロード

自動運航船に関する国際ワークショップ ロンドンIMO本部 講演
"Digitalization in Shipping - Approach of NYK "

安藤 英幸

PDFダウンロード